ドルのペア

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を売買の注文をして収益を得る商品です。

 

値は、二十四時間動いています。

 

これがレートです。

 

ニュースサイトを見ているとドル円やユーロ円の為替レートの情報が流れる状況があります。

 

例としてあげると、「本日のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。

 

別の言い方をすると、取引には、買値と売値の両方の価格が存在している事を表しています。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現している業者も存在しています。

 

いつもは売値の方が買値よりも小さく設定されるものです。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなるものです。

 

この差額をスプレッドといい取引会社の儲けとなっています。

http://edai701.blog.fc2.com/

スプレッドの狭さはFX会社によって異なります。

 

スプレッドの差は自分自身にとって出費になるので狭いFX取引会社をピックアップしたほうが優位です。

 

ただし、同じ取引会社でも状況に応じてスプレッドは変化します。

 

例としていつもは円とドルのペアで1銭のスプレッドの幅だとしても為替の上下動がかなり大きい場合には広くなります。

 

ですから、スプレッドが小さいのと同様に変化が少ないのが必要です。

 

今では動かないスプレッドの広さを提示するFX会社も存在しています。

 

リアルにFX業者の売り買い画面の上で実際のレートを見なければ見分けられないのですが、とても重要なことです。

 

重要な財産を投資して注文しますので現実の売買の前に、心惹かれた会社の新規口座開設を遠慮せずにして、示されているスプレッド幅を知っておきましょう。

 

同じ外貨でも、その時点の相場の変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。

 

たいがい、銀行間取引市場で売買高が多い通貨ではスプレッド幅が狭くこの他の通貨ペアではスプレッドの差が拡大する事があります。

 


次の記事も読んでね!!

  1. ドルのペア
  2. 手続きの手順
  3. テスト