より具体的な取引

初めて売買する時という場面では始めに準備をサボってはいけません。

売買を始める前場面を客観的に調べる事が可能です。

 

しかしながら、ただ一度トレードの中へ入ってしまうとどう試みても捉え方が主観的になりがちで、時々しっかりとした見方ができなくなる危険があります。

 

それだけに自らのメンタルが論理的な場面できちっと事前準備をしておくことが大事です。

 

この"準備"とは、まずは自分だけの脚本を作成する事からスタートします。

 

明日からの投資環境は上がる(または下がる)から、この通貨を取引するというような、自分なりの筋書きを書いていきます。

 

次にチャートを確認しましょう。

 

それ以前の相場の値動きを調べて現在のチャートをチェックします。

 

そうすれば、「今のところかなり安い場面にある」あるいは「すでに多くの人が勝負しているこれから先自分か取引しても今となっては間に合わないな」などと見えてくる。

 

当然、すでに買い(または売り)するのがやりようがないと感じたならば何もせず、それはすっぱりとあきらめることか肝心。

 

どうしても自分なりの筋書きを貫いて割り切らずに売買すると、相場に押し返されてしまいそれどころか損失を被ることになる危険があります。

 

もっとも大体の場面で、準備万端の自らの脚本を描いておけば、買い(または売り)がなすすべがないという場面にはならないでしょう。

 

おそらく、現実に為替相場が動意づく前の状態のはずです。

 

更に、当面は自身が取引しようとする外貨の変化をじっくりとチェックすることが大事です。

 

仮にドル高が進むはずだという物語を描いたのであれば、該当する外貨の推移に注目する必要があります。

 

外国為替市場の上下動を注目し始めたばかりではまだまだその通貨は明確に動く様子を見せることはなくちょっとした変動をしているだけでしょう。

 

だが、その変化をちゃんと見ているとある場面でゆっくりと円安の方向へと市場が動き始めてくる。

 

そこで初めてドル円の新規取引します。

 

通常は、そこまで事前準備を考えておけば、そのエントリーで勝てる確率は比較的大きくなるはずです。